暖冬

東京にいます。
「本屋」ってタイプしたいのに「ホニャ」って打ってしまう癖がなおりません。
右手と左手が噛み合ないことも良くあります。
関西の人は就活の発音は前にアクセントがあります。奮発、ではなく、総括、に近いものです。東京は思ったより寒くありません。
「手相勉強してます」って人に手相見せてみたりもしました。
満員電車に乗ってチカンに間違われるのが怖くて仕方ありません。困った時のために「ボクはやっていない!」という物まねを日々練習しております。
CMで卒業な感じのものがふえてきました。フレッツ光のは最初見たとき少し泣きそうになりました。
白い光の中に、山並みは萌えて、遥かな空の果てまでも、君は飛び立つ、のやつです。この時期のキラーチューンのやつ。青春時代のシンガロングなアンセムです。Aメロで条件反射で涙腺をやられます。
が、いかんせん放送回数が多すぎる。水をあげすぎれば枯れる。おいしいものも食べ過ぎれば太る。いいCMも見すぎるとうんざりする、そうゆうことです。
さっきコンビニの帰り道でラジオを聞いていると、「それではここで一つアメリカンジョークを紹介しましょう」と聴こえてきました。
「あるアメリカ人の夫婦が50回目の結婚記念日を過ごしていました。夫は妻にこう言いました。『君は僕のことを愛しているかい?』そうすると、…おっと時間が来てしまいました。続きはまたそのうち。」
なんじゃそりゃ!と思いました。もう気になって気になって。
妻はなんと言ったのでしょう。永遠の謎です。
50回目の結婚記念日にはわかるのか。50回目の結婚記念日なんて誰にでも来るようなものではないし。将来その時が来て答えがわかったら是非、ご一報ください。
卒業して疎遠になっていっても、同じ学校に一人のアメリカンジョークに悩まされていた同級生がいたことを忘れないで下さい。
って、お別れが近いような雰囲気ですね。
そのお墓に私は入っていません。いや、まだお墓に私は入っていません。
千の風にはなっていないけど、気持ちはいつでもあなたの隣に。。。
卒業式が楽しみです。それでは。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-03-06 02:27 | 毎日のこと

寒い。

遅れてきた冬将軍が到来し、昨日今日と寒すぎる日が続いています。
寒すぎる。
とにかく寒すぎる。
二日間それ以外のことを一つも考えなかった。
洗濯機をまわしても洗濯物を干す前にやる気が凍える。

飲み会。
おつかれさまです。
愚にもつかない話を何度を繰り返してしまいまして。
次はもっとガンバリマス。
ピッチングの組み立てにおける「釣り球」みたいなもんが人を引きつける話術にはかかせないもんだなぁーと。
いい球ほおっても3球ど真ん中じゃ笑いはとれんわけです。
麻雀でもハプニングでも何にしてもヒキが弱い自分としては、緻密さの有無が勝負を分けるということです。

卒論書いて、実感として学生生活の終わりが近づいてることを感じた多くの4年生の間には、すっかりうるるん滞在記の最後みたいなしんみりした空気が流れているこのごろですが、それはさておきいかんせん寒い。
寒い。
前々日までのタイプの熱がまだキーボードからさめやらぬうちではありますが、早く卒論の直しをしないといけない。
卒業をしないといけない。
忘れ物があってはいけませんね。
寒い。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-02-03 06:19 | 毎日のこと

卒論

なんだブログばっかり書いとるな、卒論やっとらんのかい、と思うけど、これは自分を奮い立たせているんです。
やる気のなくなった未来の自分にメッセージを送ってるんです。ちょっとしたタイムカプセルです。

犬が自転車に乗ってエサを買いにいくCMおもしろいね。ダルメシアン(?)が窮屈そうに乗ってエサを買いにいくだけなんだけど、途中踏切で電車が通り過ぎるの待ったり、間違えずにちゃんと宣伝したい商品を買ったり(つまり最初のシーンでお母さんの言ってることが理解できる)賢い犬だなーと思って見てて、そんだけ賢いんだったら自転車使わずに走れよ!と思ってしまうわけですよ。
明らかに無理してチャリ乗ってるからね。
でもこれを突っ込むことで、犬が自分で買い物に行くってのはアリになってしまってる。ヒネリにもう一つヒネリを加えて一周回ってオッケーってことに。ああ一本とられたなーと。
某就活系サイトの既卒の人向けのページ見てて、笑ってしまったんだけど、そこに「ワープ」っていう項目があったの。その説明を読むと「積極採用中の企業をランダムで表示!」みたいなことが書いてあって、こらこら待て待て、と。
誰がこれを必要としてるんだ、と。ランダムで表示される情報は、一覧で見たら全部表示されるわけで、別にワープする必要はなくて。
それともあれか、既卒の人はワラにもすがる思いでワープした先の企業に運命を感じるとでも?いくらなんでもそこまで捨て鉢にはならないんじゃないか、と思って笑った。何度も言うけど一覧に乗ってる情報にしかワープしないんだから。
でもよく考えてみると、悩んでヤケになって「くっそーヤケ酒だ」ってなるんじゃなくて「もうヤケだ!ワープだ!」ってなってる人がいたらそれはそれで面白いなー、と。
ヒネリにヒネリの法則だね。
倒錯した状況に倒錯した出来事があると納得してしまうってことよ。さっきのダルメシアンしかり。
「なぜ当社を志望したのですか?」って聞かれたら、
「ワープしてしまいまして」って言うんだろうなー。言わないかなー、いや、そこはあえてそう言った方がマジっぽい。「ここしか無いんです!」って。端から見たらコントだね。
ワープされた方もどうしたら良いかわからなくて。もしその人が入社したら、多分一番会社に恩義を感じてるだろうからバリバリ働いて、きつい仕事を嫌な顔一つせずに引き受けて、何かを間違えて出世頭になったりとかして、晩年自分の人生を縁側のロッキンチェアーに座りながら回顧して「あのワープがおれの人生を決めたんだ」なんて膝の上にいる孫に話したりなんかして、台所から娘(つまり孫の母)が顔をのぞかせて「あらあらお父さん、またワープの話?この子はまだ小さいから難しくてわかりませんよ。さ、ご飯で来たからゆうくんも手を洗ってらっしゃい」なんつって、その爺さんは一人残された縁側で暮れなずむ夕日を見て、歩んできた道のりに思いをめぐらせ涙がはらり、と。
「あいつまだ元気かな」なんつってカメラが書斎の方にパンして、机の上にあるバリバリ働いているときの写真のアップになって、画面がセピア色に変色してスタッフロールが流れると。でエンディングテーマのボブディランの「Workingman's Blues 」が流れて、ドラマ「ワープ」は幕を閉じる。で、「この番組は…」って提供のアナウンスが入って、一番始めが就活サイトを運営する会社なの。
ちょっといい話じゃねえか。いい話だけど提供はやりすぎだね。手前味噌な感じが。
でもまあここまで行けばワープもありだ。
生きてる人の数だけドラマがあるってことだ。
まずは卒業だなぁ。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-01-29 02:01 | 卒論関連

卒論

卒論をやるためにいろいろと環境作りを行ったけど、結局ほとんど不毛なことだった。
やらない時はいつまでもやらないし、やる時はやるってことだ。
生活リズムを正したり、禁煙したり、毎日禅を組み煩悩を振り払ったり、外堀をいくら埋めても本丸を攻め落とす気概が無ければいつまでも前へ進まず、外堀埋めのための外堀埋めになる。
攻める時はズバっと鬼の土方のように城を攻め落とさなければならないわけだ。
元来、禁欲ってものが大っ嫌いで、ストイックになってる自分に酔うことができないし、長いことロックをこじらせて来たせいもあってルールを破ることに美学を持ち、自分で作ったルールを自分でやぶるという、第三者が見たらただの意志の弱い状態を、いいことだと勘違いしているふしもある。
だから結局何かと言えばやるときは余計なことを考えなくてもやるってことだ。要はやるかやらないか、ってことだろう。
常にやることに追われて忙しい人の方が、多くの遊びをし多くの本を読むと、世の中に数多あるビジネス本にはだいたいそうゆうことが書いてあるが、まあそゆうことだろう。

城の例えから連想して今まで行ったことのある城を数えてみたら、掛川城、名古屋城、二条城、大阪城公園、姫路城、小倉城と、弘前城、あと首里城、城跡は中城、今帰仁、江戸城、お化けスポット八王子城、家の最寄りの平山城址、マニラのスペイン統治時代の城壁、ディズニーランドのシンデレラ城、不夜城と呼ばれる歌舞伎町、見たのを入れれば、ハウルの動く城、天空の城ラピュタ、牛魔王の住む城、ドラクエのアリアハン城、メダル王の城、バラモス城、あと城彰二。

別に城に特別な関心があるわけではないけど結構城に行ったり見たりしてるなーと。
まあそれにしても世界には城の多いこと。

やまない雨が無いなら落ちない城も無い。
難攻不落に見えても卒論を攻め落とさなけりゃならんわけだ。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-01-27 05:03 | 卒論関連

卒論

四方八方からオブラートに包みながらも、鋭利で非情なプレッシャーをギンギンに受けていますが、大丈夫です。
例のやつガシガシ行きます。逃げも隠れもしません。

友人と食事に行き、「明日から一緒に東京行かない?」という熱烈なオファーを受ける。
東京?
ハァ?
卒論をやってる友人にそんな世迷い言をのたまうような錯乱した精神の持ち主は相手にしていられないと思いながら、つい「ノートパソコン貸してくれる?」と聞き返してしまった。
イヤイヤイヤイヤイヤイヤ、血迷ったか。
そうではない、そうではない。
自ら勝負を投げるところでしたよ。

その後、鉄板ネタを出すタイミングについて、ツッコミにおける「クイ気味」の感覚の大切さについて一通り熱弁したあと、その人から看護士の女の人とお近づきになりたいが何か殺し文句はないか、との問い合わせがあったので熟考した結果、「粉砕骨折したらヨロシク」でいいんじゃないかと提案する。その後さらに推敲を重ね「複雑もしくは粉砕骨折したら病院行くね」に決定。

あとから聞いた話でその女の人に「うちクリニックだから」と一蹴されたとのこと。
大ケガは手に負えないということです。
何事にも限度があるということですな。

新しいブログ作ったから見てねと言われて2000回もアクセスするのは限度を知らないってことですよ。
卒業論文を書いたら卒業ですね。
行儀よくまじめなんて出来やしなかった日々も夜の校舎の窓ガラス壊してまわったことも今じゃいい想い出です。
はい、ウソです。

「これが終わったら卒業だな、良いことばかりじゃなかったけど悪いことばかりでも無い大学生活だったな、有終の美を飾る意味でも一生懸命やろう」と考えてもピクリともモチベーションが上がらなかったけど、「ここでいろんなものを我慢して卒論を執筆したら31日の酒がうまくなる」と考えたら俄然やる気爆発です。
即物的なんです。
31日に会いましょう。
グズグズに酔っぱらってみんなで「スベらない話」でも披露し合いましょう。
スベったらテキーラ一気で。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-01-26 00:29 | 卒論関連

卒論

卒論提出まで1週間を切り、いよいよ逃げ場の無い所まで追いつめられる。
長かった自分との精神戦を超え、ダメならそれはそれで仕方ないと覚悟ができたところで、勝負は泥沼の肉弾戦の様相を呈し、ひたすらキーボードを打つ。
ひたすらキーを打ち抜く。
書くしか無いの。こんなんじゃダメなんじゃないかと考えても何も始まらず、今はもう書くしか無いの。
接合部分をいかに見えにくくするかという外科医的発想でひたすら書く。
とりあえず書いて審判の時を待つ。
外科医は外科医でもBJである。
「私は必死で治ろうとする人間が好きでねぇ」


「チョコにガ混入」
ガってなんだ。カタカナじゃわからんぞ。

「蛾」一番ありそうなパターン。「チョコに蛾が…」「害は無いから大丈夫です。」って、明らかにあるだろ害。ありそうだが最悪。ユーモアのかけらも無ければ救いようもない。

「我」まあありそうなパターン。「チョコに我が…」「害は無いから大丈夫です。」さりげないアピールか!時には我を殺せ!害は無くても誰のものかわからん我なぞ食いたく無いって。「最近キミは我が強いねぇ」「ええ先日チョコに混入していた我が強くて…」

「賀」ちょっとめでたいパターン。「チョコに賀が…」「害は無いから大丈夫です。祝いを増量しております」って、新年か!チョコに入れるなチョコに。

「瓦」害は無くても歯が折れる。「チョコに瓦が…」「害は無いから大丈夫です。こだわりのスペイン瓦でして。」アンダルシア産か!品質にこだわれ品質に。

「雅」うれしいと思っちゃいそうなパターン。「チョコに雅が…」「害は無いから大丈夫です。みやびやかさを増量です。」風流か!勝手な増量をするな。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2007-01-25 02:44 | 卒論関連

終わった

d0025312_934865.jpg


ありがたくない天の声が聞こえる。
「アプリケーションは応答していません」
言葉は丁寧だけど余計にカチンと来ます。
「私は殺していません」ばりに開き直り系。
自分の中の新人刑事が「おどれー!殺っとらんじゃすまんぞ!」といきり立って胸ぐらつかみかけに飛び出します。
「応答していませんじゃすまんぞ!!」
横にいるベテラン刑事が「まあまあ座れ新人」とたしなめに入る。
「パソコンさんよー、カツ丼でも食うかい?こちとら仕事なんでねぇ、応答していないじゃすまされないんだよ。どうにか応答してくれないと困るんだよねぇ。」
「おどれ!山さん(先輩デカ)の話聞きよるんか!!?」

落ち着け、落ち着け。
ポジティブシンキング。
とりあえず状況の把握につとめよう。
1、今日は卒論の提出。
2、「アプリケーションは応答していません」

絶望くんこんにちは。世の中つらいことばかり。
ヨハンの見た風景が今なら見えます。
テンマ先生見える?終わりの風景だよ。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2006-12-22 09:47 | 毎日のこと

質の悪いテキーラと、感傷とは何か

先日、自転車で希望ヶ丘まで行った。
何もないな、誰もいないな、快適なスピードで、道はただ延々続く、みたいなまさにイージュー★ライダー的な、ある意味ではイージーライダー的な、長い道のりだった。
行きは夜に出発して、ライトの点いていない自転車で街灯のない道を延々と走った。
夜はもうだいぶ涼しくなっていて、夏が終わりかけているのかもしれない、と思った。
話は変わって、朝方まで飲んだ質の悪いテキーラが呼ぶ頭痛が通り過ぎるのを待つ間、ベランダで雲が左から右に流れて行くのをずっと眺めていた。これには何も深い意味はないし、物思いに耽っていたわけでもない。
ベランダはシャツ一枚でいると時々肌寒くなるくらい涼しい風が吹いていた。
このベランダで感じることができる、最後になるかもしれない夏が終わって秋が来るのかな、って思った。その時に思ったのが「最後」とか「終わり」って言葉が人々に最後を感じさせたり終わりを感じさせるわけだけど、っていうかまあそれは当たり前だけど、なんていうか一つの夏を最後のものと感じさせたり、夏の終わりに通り過ぎて行った日々を振り返って少し感傷的にさせたりするのは、すくなくとも自分にとっては「最後」という言葉であり「終わり」という単語によるところが少なからずあるだろう、と。
言葉を変えるなら、時として「最後」はもっとも後の状態である最後っていう状況を表す以上に最後然としすぎていることがあるし、「終わり」だって終わりの状態以上に終わりを大きく見せているというか、言葉がそれが指す対象よりも広がりを持っている。
考えがだんだんと迷路から抜け出せなくなってきたけど、だからつまり僕の使うそいった類の言葉には僕の経験が息づいているし、だから一番最初にその言葉を覚えたときよりも確実に厚みは増していると思うし、そういった言葉の積み上げた経験が「最後」を最後以上に最後にしたりするのかもしれないな、と思ったわけだ。
僕の場合、そいった理由で時々最後の夏を思って感傷的になったりもするのかなと。でもそれっていうのは、世の中に数えきれないほどある状態としての最後から、自分が意識的にすくい上げたものを「最後」と呼んでいるわけで、言葉の使い方にしても選び取り方にしても、そうした感傷はかなり恣意的なものなのだろう。
繰り返しているだけの気もするけど、だから自分にとって最後の夏を感傷的にしているのは、大きな部分では言葉であるし、結局だから今はそうしたものに感傷を感じることもほとんど無くなって来た、と言えるかもしれない。

こうして考えてみても、もちろん普段からこんなことを考えているわけはないけど、それでもやっぱり宴のあと的な感覚はあるもので、分相応な最後の名残惜しさはあるもので、最近は楽しいことばかりで、「ああ楽しかった夏が遠くなっていくなぁ」と少しだけ寂しくなったりもした。
正直な反応とはそうゆうもので、その時の寂しさはもう言葉からは自由だったと思う。

僕らは自由を
僕らの青春を
大げさに言うのなら
きっとそうゆうことなんだろう


この歌はそのことをわかっていたようだね。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2006-09-11 20:58 | 毎日のこと

学期末には…

今日午前中の授業が終わった後、一度食事をしに家に戻った。
食事をして洗濯をして、その間少し昼寝をしたりして、それからもう一度授業を受けるために学校へ向かう。

学期末になるとテストで絶対休めなかったり、累積の欠席数が貯まっていて、これ以上後が無かったり、とにかくもう崖っぷちの勝負が続くもんですよね。レポートの数も増えて来ているし。
今日の午後の授業もまあ言ったらそういった類のやつで、もちろん休めないわけですよ。

時間が迫って来て、急がないと遅刻するかもしれない状況だった。で、急いで学校に行こうと思って車に乗って、エンジンかけるわけですよ。

…そうしたらね、もうスカッスカッ、って感じで全然反応がない。手応えゼロって感じで砂山の中にカギ突っ込んで回してるんじゃないんだからとでも言いたくなるようなスカスカな感じで、車がうんともすんとも言わない。
ついほんのさっきまで動いていた車が、本当に全く動かなくて、例えば今から一万年後とかにどこかの地層から現在の車が発見された時、当然その車は動くはずもなく誰が見ても死んでいる物体だと思えるはずだけど、自分の車も言わばその類の誰が見ても死んでいると思えるものに成り果てていて、その物体は明らかに止められた時間の方を多く背負っている佇まいで、そうなってくると、もうその鉄のかたまりをそもそも「車」と呼ぶことができるのかもかなり怪しい話になってくる。
念を押すようだけど、ほんの一時間前は生きていた車がだ。

だからつまり、どうしてこのタイミングでってとこで車が止まったわけだ。測ったようなタイミングで。
そこでよくよく考えてみると、この手のテスト期間ハプニングを挙げて行けば結構多くのハプニングが今までもあった気がしてきた。
その時に私は気がついた。

学期末には魔物が棲んでいる。

そうでなければ、突然車が止まったり、何故かその日に限ってガス欠になったり、フリーズが多くの人に集中的に発生したり、コピー機が突然調子を崩したり、その日に限って道路が渋滞したり、道端に都合良く今にも生まれそうな妊婦さんがいたりするはずが無い。
みなさん気をつけましょう。。。。

…今後の提出課題の言い訳のための布石ではありません。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2006-08-01 00:08 | 毎日のこと

もう日曜!

久しぶりに卒論関連の投稿をしたいところなのですが…、すいません。
今週発表なのでパスさせてもらっても良いですか。。。
いや、何もやってないわけでないのです。
叱責は発表の時に受けます。
[PR]
# by ginbagatoreta | 2006-07-10 00:43 | 卒論関連